IT業界に転職したい!どんな職種なら可能?おすすめの転職エージェント3選

成長めざましいIT業界ではその入れ替わりも盛んです。そんなIT業界に転職を考えている人も多いのではないでしょうか。ただ、業界に精通していない人は特に

  • IT業界は職種がややこしくてどんな職種に転職できるのかわからない
  • どうやって転職活動を進めるべきなのか知りたい

と疑問に思うはずです。
今回はそんな疑問を解決しつつ、業界人でもそうでない人も満足できる転職をするためにおすすめの転職エージェントを3つご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

IT業界ってエンジニア以外にどんな職種があるの?

IT業界、と聞くと普通の人はSEなどエンジニア系の職種を想像するでしょう。しかし、IT業界といっても実は幅広く、その職種も多岐にわたっています。職種について知らずに狭い知識で求職してしまうと、転職後に後悔してしまうこともありますので、どんな職種に転職できるのかについてまずは見ていきましょう。

IT業界の職種一覧

IT業界は細分化されている職種も多く、求人票をみてもピンとこないものもあることでしょう。そこでIT業界に転職を考える際に知っておきたい職種についてご説明します。ここでは大まかに「エンジニア系」「営業系」「Web系」の3つに職種を分類し、紹介しています。

エンジニア系

システムエンジニアクライアントの分析から運用、プログラミングまで幅広い業務を行う。必要なスキルは業務内容によって異なる。

プログラマー設計書に従って実際にプログラミングを行う。コーダーと呼ばれることもあり、分野によって呼称が異なる。
ネットワークエンジニア名前の通りネットワーク関係の担当で、社内ネットワークの設計や運用などを行う。
社内システムエンジニア社内のシステムに限定したエンジニア。ITインフラの整備や問題発生の際の対応がメイン。
組込みシステムエンジニア産業用機械や家電などのファームウェアを開発したり設計したりする。

営業系

セールスエンジニア専門的な知識を提供し、技術的な面から営業をサポートする。営業部門に同行することが多い。

ITコンサルタントクライアントの業務などを分析し、システム導入することによる改善策を提案する。

web系

webデザイナークライアントから依頼される様々なwebサイトのデザインを担当する。

webディレクターweb制作にあたって、その品質を管理したり進行状況をチェックしたりする。
webプログラマーwebサイト制作に特化したプログラマー。システムエンジニア等の指示に沿ったプログラムを作成する。

ここでは代表的な職種をご紹介しましたが、もちろん企業ごとに呼び名が違ったりさらに細かく職種が分かれていたりします。また、複数の職種を兼任するといった場合ももちろんあります。あなたがどのような仕事をしたいのか、どういったスキルを活かせるのかといった適性も考えつつ、企業ごとの職種は調べていきましょう。

IT業界に特化した転職エージェントはどんな求人を紹介可能?

一般的な転職エージェントは多種多様な業種で溢れかえっていますが、IT業界に特化した転職エージェントではどのような求人内容になっているのでしょうか。
左のグラフは大手IT特化型転職エージェントのひとつである「ギークリー」の求人を職種別に示したものです。転職エージェントごとに若干の差異はありますが、やはりエンジニア職の求人ファ圧倒的に多くなっています。2020年にはIT業界が2倍の規模になるとも言われていますので、この傾向はこれからもしばらく続くでしょう。近年はSIerの求人も目立ちます。またWeb業界(クリエイター)のニーズも高い状態を維持しています。職種で言えば管理職などの求人があるのも転職エージェントらしい特徴です。
業界としてはITやWeb業界だけでなく、医薬品業界(MR等)やメーカー、金融、不動産と多岐にわたっています。それぞれの業界で必要とされる職種も異なりますので、IT業界専門といってもかなり職種の幅は広いといえるでしょう。

IT業界の転職と一般転職で違いはあるの?

IT系の転職は売り手市場であり、まだまだ人出が足りていない状態です。そんなIT業界への転職は一般の転職とどのような違いがあるのでしょうか。

  • 専門性が高く、職種ごとにスキルが求められる
  • キャリアプランを立てることが大切

他にも違う部分はたくさんありますが、特に目立つこの2つの違いについて解説します。

IT業界はスキルを求められることが多い

まずひとつは「スキルが求められる」という点です。IT業界は他の業界からの転職率が比較的低いことが言われますが、その背景には専門性の高さが挙げられるでしょう。25~30歳ごろまでは未経験・文系からの転職が可能ですが、誰でもできるという仕事ではありません。プログラミング等の専門知識からコミュニケーション能力まで幅広い能力を必要とされるので、スキルを持っているほど年収も跳ね上がります。
職種に応じて必要な能力も少しずつ変わってきますので、転職前になんらかの形で勉強しておくことも必要かもしれません。

キャリア形成が重要

IT業界はひとつの職種・企業で長期間働くことは稀で、基本的には入れ替わりの激しい業界です。常に新しい知識にアップデートしていきながら定期的にステップアップする機会を狙っていくことが重要なのです。
一度転職してもそこに腰を落ち着ける可能性が少ないので、自分がどういったキャリアプランを描いているのかをしっかり考えた上で、企業や職種を選んでいく必要があります。将来目指すべき姿にはどのようなスキルが必要で、どこにいけばそのスキルが得られるのか、そういったことまで細かく考えておきましょう。きっと面接時にも役に立ちますよ。

IT系職種を考えている方に一般転職エージェントをおすすめしないワケ

IT業界は特に最新の技術や情報についていくことが大事であることはお分かりでしょう。そういった業界の性質により、IT業界への転職を考える際には転職者側だけでなく、求人を紹介するエージェント側も常に情報やスキルのアップデートが必要です。一般転職エージェントはIT業界だけでなく幅広い業界・職種まで取り扱っていますから、どうしてもアップデートが追いつきませんが、IT専門のエージェントでは可能ですよね。
またIT業界専門の転職エージェントに在籍しているスタッフは、IT業界出身だったり、かなり業界に精通していたりする人で構成されていることが多いです。IT業界ならではの性質や企業の雰囲気、トレンドなども、専門家ならではの立場からアドバイスをもらえます。こういった理由から、IT系の職種への転職を考えているのであれば、一般の転職エージェントではなくIT業界に特化した転職エージェントがおすすめなのです。

IT業界に特化した転職エージェント おすすめ3選

IT業界への転職を考えるなら、IT業界に特化した転職エージェントがおすすめだということはすでにご紹介しましたが、このIT業界に特化した転職エージェントは意外とその数も多いものです。そこで数ある転職エージェントから厳選して3つご紹介します。複数サイトに登録することでさらに効率アップも図れますので、ぜひ一度全てチェックしてみてくださいね。

1位:ワークポート

求人数25,000件以上

非公開求人転職決定人数No.1ほか受賞多数
ポイント●転職決定人数No.1ほか受賞多数
●転職実績人数35万人

IT業界への転職を考えるなら最初にチェックしたいのが「ワークポート」です。IT業界に特化した転職エージェントの中でも老舗で実績も豊富。転職決定人数No.1にも選ばれており、IT業界を目指す人にとっては外せないエージェントです。
ワークポートの求人数はかなり多く、大手企業から急成長中のベンチャー企業まで様々です。紹介してくれるスピードも速いので、自分が目にも留めていなかったような、思わぬ求人を紹介してくれるのも魅力です。

なぜワークポートはIT業界に強い?

ワークポートの特徴は、サービスを転職”コンシェルジュ”としているところから伺えます。転職のエージェントとしての機能だけでなく、年収交渉や退職のアドバイス、面接日程等の調整等も代行してもらえるといったきめ細やかなサービスで差別化が図られています。
この転職コンシェルジュはIT業界出身者が多く、業界にも精通しています。常にスキルアップをされているコンシェルジュばかりなので、的確かつ効率よく転職先を提案してもらえるのです。
求人数が多いことはもちろんですが、初心者でも安心の手厚いサービスによって、さらにその強みが引き上げられているのですね。

ワークポートの口コミ評判をチェック!

ワークポートの実際の使い心地はどうなのか、口コミからチェックしてみましょう。ワークポートはやはりその求人数の多さや職種の幅広さが好評でした。一方でコンシェルジュとの相性も重要で、結果も左右される場合がありそうです。

もともとインフラ系のサーバーエンジニアですが、SIerだけではなく、幅広い業種で転職先を探したい旨を連絡したところ、サイゲームスやクルーズといったソーシャルゲーム関連だけではなく、サイボウズや弥生といったソフトウェア関連、楽天などのIT企業など他の転職エージェントと比較しても一番業種の幅が広く、いろいろな選択肢の中から選ぶ上で凄く助かりました。スピード感もありましたし、もともとITとゲーム業界の専門だったということなので、この分野に関しては業種を問わず、求人数が多いのだと思います。個人的には私とおなじようにIT関連で業種を限定せずに探したいというひとにおすすめです。(31才・男・サーバーエンジニア)
(https://tenshokuwalk.com/ranking/it.html)

いろいろ口コミを見る限り賛否両論のようですが、ITに特化している転職エージェントなので、求人の紹介の際、軸がぶれるという事はありませんし、コンサルタントとの相性(ここはコンシェルジュと呼んでいるようですが)が良ければベストに近いサービスを受ける事ができると思います。私が利用したのは1年前(2014年)だったのでまだゲーム業界がちょっとバブっているころで年収100万円アップというケースもかなりありました。今は周りを見てもかなり厳しくなっているのを感じますが、スキルに自身があれば、まだそれなりに良い条件で転職できるのではないかと思います。(28才・男・プログラマー)
(https://tenshokuwalk.com/ranking/it.html)

以前は完全にIT業界に特化した転職エージェントでしたが、最近は少しずつ他の求人も取り扱っているようで、特に職種を指定していないと販売職やサービス業の求人が届いたりします。とはいえIT関連の求人が多いことは間違いないですし、コンサルタントの方の連絡もまめでサポートはしっかりしていますが、業界に特化していると思ったらそうではないとちょっと違和感を感じると思うので注意はしておいたほうが良いと思います。ちなみに2014年ころと比較するとゲーム業界は厳しくなってきていますが、実績があれば転職先に困るということはありません。ただ年収は以前より抑えられている印象です。(31才・男・スマホゲーム開発))
(https://tenshokuwalk.com/ranking/it.html)

2位:ギークリー

求人数17,000件以上

非公開求人9,000件以上
ポイント●転職エージェントの「紹介求人案件満足度部門」「カウンセリング・対応満足度部門」ランキングで1位 (by リクルートキャリア社)
●平均年収アップ率67%

年収アップを目指すならギークリーがおすすめです。ギークリーはスキルを重視するような求人が多くを占めており、それゆえ大手の企業の比率も高めです。10年以上の実績がありますので、積み重ねたデータを活かした転職のノウハウも豊富ですよ。登録するだけで平均48件もの求人を紹介してもらえますし、カウンセリングや面接対策までしっかりサポートしてくれます。今のスキルを活かしてステップアップしたい人や年収アップを目指したい人にぴったりですね。

なぜギークリーはIT業界に強い?

ギークリーはIT業界における主要な企業と強いパイプを持っています。そのため、企業ごとに違う雰囲気やカルチャー、働き方などの情報まで詳しく教えてもらえるのです。そういったパイプを持つことによって、ギークリーのみで公開される独占求人もあります。
また希望者には一次面接確約サービスもあります。エージェントのサービスを利用しながらスカウトも待つことができるので、マッチング率も高くなりますね。
求人の多さではなくその質を重視しつつ、エージェント側も転職者側もしっかり企業を理解した上で転職活動ができるので、場当たり的なマッチングを避けられるという点でも強みがあるといえるでしょう。

ギークリーの口コミ評判をチェック!

東京を中心に活動する人には特に高評価だったギークリー。業界でも名が通っており、安心して利用できた人も多いようです。

他の転職エージェントを利用した事が無いのでサービスの比較はできないですが、こちらの意図を汲み取った上で、条件に合う求人の紹介や転職活動の進め方をしっかりアドバイスしてくれるので安心して利用ができました。全てではないにしても、求人を出しているIT企業の事情や中の話もしてもらえるので、ネット上の曖昧な情報に振り回される事がなかったところもありがたかったです。(27才・男・インターネット関連)
(https://tenshokuwalk.com/ranking/it.html)

拠点が東京にしかないので、利用できるエンジニアの方は限られますが、エンジニア転職で有名なtypeの人材紹介と比較しても全くそん色ない求人数とサポートが受けられました。実際に登録するまでは全く知りませんでしたが、ITやWeb、ソーシャルゲーム等の転職を専門に仲介する転職エージェントとしては業界ではかなり知名度があるらしく、転職した先の先輩エンジニアもGeekly経由でした。以前のようにゲーム開発の転職市場がバブリーなわけではありませんが、一定の力があればまだ需要はかなりあるので、転職を検討している方にとって、個人的にはおすすめできます。(31才・男・ゲーム開発)
(https://tenshokuwalk.com/ranking/it.html)

紹介してもらえる求人数は他の転職エージェントと比較しても充実していたが、実際に転職面接を受けた際に、求人票と内容が違うケースがありました。求人票の内容だけを信じるのではなく、確認は念入りにすることをおすすめします。(39才・女・Webディレクター)
(https://tenshokuwalk.com/ranking/it.html)

3位:マイナビIT

求人数12,000件以上

非公開求人8,000件以上
ポイント●20代に支持される転職エージェントNo.1
●女性専門の転職サポートチームあり

就職・転職のイメージが強いマイナビにはITに特化した転職エージェントがあります。IT業界が未経験でもOKな求人数も多く、転職が初めての人にとっても使いやすいエージェントとなっています。
内定率も高く、ホームページが非常に見やすいことでも評判です。また、Web・ゲーム関連の求人に特化した転職エージェント「マイナビクリエイター」も別にあるので、Webやゲーム業界に興味がある場合は、そちらもぜひチェックしてみてください。

なぜマイナビITはIT業界に強い?マイナビに登録すれば紹介してもらえるの?

マイナビが扱う求人の80%は非公開求人です。非公開求人はその性格上採用率が高かったり重要な役職に就けたりするというメリットがあります。この非公開求人の多さがマイナビITの大きな特徴でありIT業界に強い理由のひとつとなっています。
またマイナビエージェントには「キャリアアドバイザー」と「リクルーティングアドバイザー」という2種類のサポート体制があります。前者はIT業界に精通しており転職者に適切な求人を紹介してくれますし、後者は企業との太いリレーションを持っており交渉などを行ってくれます。マイナビITに登録するだけで、これらのチーム体制によって自分にあった将来のプランを立てられ、適した転職先に導いてもらえるのです。

マイナビITの口コミ評判をチェック!

就職活動の際に利用する人も多いマイナビ。エージェントの評判も良いのですが、実際の使い心地などはどうなのでしょうか。こちらも首都圏で活動しやすいとのことでしたが、業界によっても違いがあるようですよ。

金融関連の仕事をしているSEであれば、仕事を探すのにはそもそも困りませんが、ここは紹介してもらった求人に大手が多かった印象です。人手不足の業界で働いている場合は、50万円位の年収アップは難しくない。ただ最近はスマホゲーム系は飽和していて、知り合いのエンジニアは転職しようと思ったら数百万円年収がダウンするのでなくなく今の職場にいるという事でした。持っている求人が違うので転職エージェントの比較も大切だとは思いますが、その人が生きていくスキルをしっかり磨く事がエンジニアの世界でも大事です。(32才・男・金融関連(SE))
(https://tenshokuwalk.com/ranking/it.html)

首都圏のIT関連の仕事を探すのであれば求人の数はかなり多いほうだと思います。他の転職エージェントも利用しましたが、IT専門だからか、動きも早く、コンサルタントの方も業界知識が豊富で良かったです。最終的には他社経由で決まってしまいましたが、もしまた転職するとしたら登録すると思います。(27才・男・オープン系SE)
(https://tenshokuwalk.com/ranking/it.html)

首都圏だけで転職先を探すのであればありだと思うのですが、例えば地方の主要都市で探そうと思ってもそのあたりのIT求人はあまり強くないというような事をキャリアコンサルタントの方から言われました。マイナビ転職自体は全国ですが、マイナビエージェントに関しては狭い範囲でサービスを展開されているようです。少ないながら取り扱いはあるという事ですが、社内SEだったり、企画系の仕事がしたい人向けの求人は少ない印象があり、物足りないかもしれません。(33才・男・ITコンサルタント)
(https://tenshokuwalk.com/ranking/it.html)

まとめ

今回はITに特化した転職エージェントについてご紹介しました。売り手市場が続くIT業界はまだまだステップアップのための転職に余地がある魅力的な業界です。最後にピックアップした「ワークポート」「ギークリー」「マイナビIT」はいずれも高い実績を誇る転職エージェントですので、IT業界に転職を考える場合はまず登録してみてくださいね。

  • 第二新卒向けおすすめの転職エージェント※転職理由が採用のカギになることも
  • IT業界に転職したい!どんな職種なら可能?おすすめの転職エージェント3選
おすすめの記事