転職エージェントの面談|服装のポイントと事前に準備していくこととは?

転職サイトのように自分主体の転職活動とは違って、転職エージェントはキャリアアドバイザーを介して活動をします。

経歴を登録したら仕事を紹介してもらえるわけではなく、担当のアドバイザーさんとしっかり面談をした上で、転職活動をしてきます。
最初に行われるエジェントの面談についてまとめました。

どこの転職エージェントも面談はあるの?面談をする目的は?


【転職で面談は原則!自分の転職ビジョンを明確にするためにも思いをしっかり伝えよう】

転職エージェントは各社様々スタイルが違いますが、どこのエージェントでもほとんど面談を実施しています。

転職エージェントに登録するときに、ある程度履歴書や希望職種について書類を提出するのですが、面談をすることで

  • 自分が転職したい職業&ビジョンを明確化することができる
  • 転職希望者がどういう人柄なのか?をアドバイザーが認識できる
  • 履歴書には書ききれない、その人の隠れた能力を知ることができる

転職エージェントのキャリアアドバイザーは経歴だけではなく直接会って話を聞くことで、転職者の人柄を踏まえて職業を紹介してくれます。

職歴や資格だけでなく、その人の趣味や日常生活スタイルを話すことで、考えていなかった職業を視野にいれるきっかけになることもあるとか!

人を発掘するプロと面談をすることで、うやむやになっていた仕事の方向性を決めることにもつながります。

エージェントによっては電話対応をしてくれることもありますが、できれば直接会って自分が思っていること・転職のビジョンなどをしっかり伝えましょう。

転職エージェントとの面談の前に準備しておくものと当日の持ち物は?


【職務経歴書を出していない人は必ず!デザイン系の仕事希望者は作品を持ってくと◎】

転職エージェントに登録するときに、職務経歴書・履歴書は事前に提出することが多いです。
ただ、中には提出をしないで登録できる所もあるので、この時に出していない人は面談のときにしっかり記入してから行きましょう。

転職希望をしている職種がプログラマーやデザイン系の場合、自分の作品を一緒に持っていくと◎!

アプリ開発経験があるのであれば、どんなアプリを開発したのか?自分の得意ジャンルを伝えるきっかけにもなります。

WEBデザイナー系の職種も、今まで関わってきたWEBコンテンツがわかるようにしておくと、アドバイザーにどういう仕事が向いているのか?が伝わりやすいです。

転職エージェントに提出する履歴書や職務経歴書の書き方のコツ


【まずが正直に書くこと!自分が自分の長所・短所は明確にしておくことが◎】
履歴書・職務経歴書は、まず正直に書きましょう。ほとんどのエージェントではパソコン入力を採用していることが多いです。
自己PRはしっかり書きましょう。

  • 今までの仕事経験から、自分はどういうことを学べて何を活かして仕事がしたいのか
  • キャリアを目指したいのであれば、自分の持っているスキルを主張する
  • 短所をかくときは、どういう努力をして長所に変えようとしているのか?

を書きつつ、自分を良く見せようとして履歴書や職務経歴書を偽ってしまう人もいますが、これは絶対NG!

「印象が悪くならないかな?」なんて思ってしまいますが、ウソの経歴書を書くことの方がマイナス印象を与えます。
万が一内定が出たとしても、スキルが合わなくて仕事についていけず辞めてしまうきっかけにもなります。

転職エージェントでは企業の面接のときに出す履歴書をチェックしてもらえます!

企業によっては「エントリーしたものとは別に、自分の手で書いた履歴書が欲しい」という所もあります。

履歴書の書き方やコツなどは、エージェントの中でも面接対策・書類関係のプロフェッショナルな方がアドバイスしてくれます。

転職エージェントは、仕事を紹介してくれるだけではなく、内定が出るまでのサポート力が高いのが最大の魅力です。
もし、書き方がわからなくて困っているときは、キャリアアドバイザーの方に相談してみましょう。

転職エージェントとの面談はスーツ?私服?どんな服装が好印象?


【ほとんどの企業が私服OK!リラックスして話せるのが一番】
企業との面接は基本的にスーツなのですが、エージェントと面談する時は基本的にに私服でOKです。
かといって、あまりラフすぎるジャージを着ていくのは、面談以前に社会人としてNGです。
男女共通して言えることは

  • 清潔感を忘れない
  • 希望の職種が決まっているときは、職業に合わせてTPOをわきまえる

ということです。

エージェントとの面談は確かに企業面接ではないかもしれませんが、ある程度希望の職種が決まっている場合、服装をよせていくのも1つの手です。

「この人にはこの企業の仕事が向いているかも」とアドバイザーがイメージしやすくなるので、紹介してもらえる企業が増えることも!

男性の服装のポイントは?

  • 仕事帰りに行くときは、シワをある程度キレイにしていく
  • 私服でいくときは、デニムでもOK。ただしダメージジーンズは避けよう
  • 服装よりもヒゲを剃ったり、清潔感を保つ

男性の場合、現在の仕事と並行して転職活動をしている人が多いです。

休みの日になかなかいけない人は、そのまま仕事帰りにエージェントとのカウンセリング面談に行く人もいると思います。
私服でOKだからといってわざざスーツから着替える必要もありません。

女性の服装のポイントは?

  • できるだけナチュラルメイクを心がける
  • 就職活動ほどではないけれど、ある程度髪型をまとめると◎

女性の場合、清潔感があるスタイルにそこまで苦労することはないと思います。
男性同様、基本的に私服でOK!
どちらかというと、髪型やメイクで清潔感を出せるようにすると印象がよくなります。
服装よりも、表情・全体的の雰囲気で清潔感をだすと◎

転職エージェントとの面談はどこで行う?面談時間は?


【基本的にはエージェントの拠点オフィスで60分〜90分の面談時間】

エージェントとの面談は、基本的に拠点オフィスで行われます。
転職希望者がオフィスに出向くことが基本です。
場合によっては、キャリアアドバイザーが指定のカフェなどの待ち合わせ場所に来てくれることもあります。

この面談のときに早速求人情報を紹介してくれる転職エージェントが多いので、出先で面談をするよりも、直接転職エージェントのオフィスに出向いてたくさん情報提供をしてもらいましょう。

転職エージェントは基本的に全国各地にありますが、主要都市にしかオフィスを構えていないこともあります。

  • 自分が住んでいる場所の近くに転職エージェントのオフィスがあるのか?
  • 電話やスカイプでの面談対応をしてもらえるのか?

なども事前に確認してから登録するようにしましょう。

転職エージェントとの面談内容は?どんなことを話すの?


【転職希望する職種をはじめ、なぜ転職したいのか?など割と具体的に聞かれます!】

転職エージェントの面談は企業のような面接ではなく、終始和やかなムードで行われることが多いです。
各社さまざまですが、だいたい聞かれることは

  • なぜ今の職業から転職しようと思ったのか?
  • 次の仕事はどんな職種がいいのか?
  • 勤務地の希望や条件
  • 転職エージェントを他にも登録しているか?
  • エージェントを利用するときの注意事項
  • 転職活動の方向性やペースについて

根掘り葉掘り聞かれるというよりも、転職活動におけるスタンス・理由などを聞かれることほとんどのようです。

エージェントを利用する人は現職と並行しながら活動する人が多いので、できるだけ早く即決したいのか?
3ヶ月くらい時間をかけながらじっくり決めたいのか?など転職活動の方向性やスピードについてもここで確認します。

アドバイザーは、どんなスキルを転職者がもっているのか?を確認しつつも、人柄も確認しています。
これは企業に紹介するときに、人物像を伝えるためです。

現職や過去の仕事で実績がある場合は、ここで具体的に話すと◎!
新卒から現在までの間にしてきた仕事の業務で、経験したことなどを思い返してみましょう。

もしも転職エージェントの面談をしてくれた担当者との相性がよくなかったら?


【アドバイザーとの相性で転職成功の道は決まるので、担当者を変えてもらうのも1つの方法】

企業と転職者のパイプ役となってくれるアドバイザーとの相性はとっても重要!
基本的に、面談をしたアドバイザーが担当になります。
内定が決まるまで長くお付き合いすることになるので、コミュニケーションはしっかりとっておきましょう。

  • もし紹介された企業に魅力を感じなかったときはしっかり伝える
  • 普段から電話やメールなどで転職活動における動向をきちんと連絡する
  • 転職活動における不安や悩みなどをはじめとした疑問点
アドバイザーとの信頼関係は、転職活動をする上でとっても大切なことです。

「こんなことをいったら印象悪いかな?」「いつも良くしてもらっているから、とりあえず受けてみようかな・・・」などを考える必要は一切ありません。

もし、アドバイザーさんにうまく伝えられない&性格的な相性が合わない気がすると感じているのであれば、担当アドバイザーを変えてもらいましょう。

直接アドバイザーに言いにくいのであれば、転職エージェントのお問い合わせフォームや、他のスタッフの方に相談すると◎!

実際、アドバイザーとうまくコミュニケーションがとれなくて、自分が思っていることを伝えられない人も多いそうです。
担当アドバイザーを変更することは珍しくありません。

自分の希望や条件をしっかり決めてから面談にいくことは大切!


中には、転職しようと思っても「次にどんな仕事をする」といった明確なビジョンをもたないまま、とりあえずエージェント登録する人もいます。

実際、次の転職ビジョンが明確じゃない状態でも転職エージェントに登録することはできます。ただ、転職活動の効率は良くありません。

たとえ職種を決めていなくても

  • 通勤時間はどのくらいまでか?
  • 勤務地はどのエリアがいのか?
  • 月収はどのくらい欲しいのか?
  • 職種は前職と関係あるものがいいのか?それとも違うものがいいのか?

といった細かい希望をある程度明確にしておきましょう。

キャリアアドバイザーも数多くある求人情報から、転職者のスキルや希望に合わせて求人をピックアップしやすくなります。

まとめ


転職エージェントに登録したら、面談は基本的に行われると思いましょう。

この面談は企業の面談とは違って、アットホームなので緊張することなく、自分が転職に求めることや思っていることをしっかり伝えましょう。

服装は私服でOK!ただし、アドバイザーも人間なので清潔感や、ある程度のみだしなみを整えることはマナーです。

ここでの印象をベースとして、求人企業に人物像を伝えます。
スキルだけはなく、企業が求める人柄にマッチしているのか?も見られています。

よっぽど変なことをしない限り問題はないと思いますが、ジャージやダメージジーンズは控えましょう。

転職エージェンントを利用するのであれば、キャリアアドバイザーとの信頼関係はとっても重要!「この人、合わないかもな・・・」
「自分の意思がうまく伝わっていないな」と思ったら、担当アドバイザーを変えてもらうのも1つの手段です。
転職活動はテンポよくいきましょう。

  • 転職エージェントから紹介された企業が希望と違う!印象の良い断り方とは?
  • 転職エージェントの面談|服装のポイントと事前に準備していくこととは?
おすすめの記事